炊飯器を中古で買うのってどうなの?メリット・デメリットを解説!

安く買える中古炊飯器、自分だけの新品炊飯器……どっちにしよう?

「炊飯器を中古で買うのってどうなのかな?」

 

という疑問質問について考えていきたいと思います。

 

 

最近では、高性能かつ価格もお値打ちな炊飯器が多く市場に出ていますが、

 

・できるだけ節約をしたい
・中古でも、使えるならそれでいい

 

というかたもいらっしゃるかもしれません。

 

 

リサイクルショップやオークションなどで買う中古の炊飯器ですが、

 

お古のものを使うメリットとしては

 

・安く済む
・モノを大事に使える
・この消費まみれの日本経済にポイズン的な何か

 

といったあたりでしょうか。

 

中古で、説明書がないものもあるかもしれませんが、ネット上で操作方法を確認することもできるので、「当たりの中古炊飯器」に巡り合うことが出来れば、そのまま素敵な炊飯ライフに突入しても問題ないかと考えられます。

 

 

逆に、中古の炊飯器を買うデメリットを挙げていくと、

 

 

・無名メーカーの炊飯器は、故障の際の保証がない

 

・有名メーカーでも保証期間が終了している場合がある

 

・機械なので、すぐに壊れる可能性がある

 

・壊れたら、自分で修理依頼or廃棄処分しなければならず、余計にお金がかかる可能性がある

 

・前の持ち主が、どんな使い方をしていたのか分からないのが不気味

 

・においがついてる場合がある

 

といったあたりでしょうか。

 

 

悩ましいところですよね^^;

 

今は新品でも比較的安いものが手に入る時代なので、中古のデメリットを考慮すると、新品でドンと用意したほうがよいかもしれません。

 

長くお世話になる炊飯器なので、できればお気に入りのものを揃えたいですね。

 

 

当サイトでは、一人暮らし向けのオススメ炊飯器をご紹介しています。

 

宜しければ、あわせてご覧くださいませ。

 

一人暮らしの炊飯器選び!おすすめランキング!