一人暮らし用おすすめ炊飯器

一人暮らし用の炊飯器、どのくらいの大きさサイズのものを用意すればいい?

はじめての一人暮らしで、炊飯器を選ぶとき。
今、使っている炊飯器が壊れたから買い換えの為に家電屋に足を運んだとき。

 

いざ、お店に行くと、

 

「うわああ! 炊飯器の種類が多すぎて、なにがなんだかワカラン!」

 

と、混乱した経験はありませんか?

 

 

先に結論から述べておくと、

 

ズバリ、

 

「一人暮らし用の炊飯器の大きさは、3合〜3合半のものがおすすめ」

 

です。

 

 

お米の1合とは、お茶碗で1杯ちょっとの量になります。

 

(茶碗の大きさにもよるので、どんぶり勘定ですが、目安としてお考えください)

 

1合→茶碗1杯としても、
3合→茶碗3杯分。

 

つまり、3合炊きのできる炊飯器なら、朝昼晩と3回お米を食べても1日もつ計算になります。

 

 

もちろん、育ち盛りの年代で、

 

「白米は1食につき、5杯は食べたいんじゃあ!」
「おやつに、おにぎりたべたいし」
「食事は、朝昼夕晩深夜の5食デス」

 

という場合は、この限りではありませんが(汗

 

 

炊飯器のメジャーな大きさとして、3合炊きより多く炊けるサイズのものは5合炊き、5.5合炊きのものになります。

 

5合炊きだと、大きい分、電気代も余分にかかるし、物理的にもサイズが大きくなるのでかさばります。

 

まとめてドカンと炊いておいて、冷凍してちょっとずつ使いたい場合や、
一人暮らしといえど、来客が多く3合炊きでは物足りない!

 

というかたには5合炊きをオススメしますが、一般的な一人暮らしの場合は3合炊きの炊飯器があれば良いでしょう。

 

一人暮らし用の炊飯器は、3合炊きがおすすめ

★まとめ

 

一人暮らし用の炊飯器は、3合炊きがおすすめ

 

___________________

 

 

当サイトでは、一人暮らし様向けの炊飯器(3合炊き)のおすすめをランキング形式でご紹介しています。

 

よろしければあわせてチェックしてみてくださいね。

 

一人暮らしの炊飯器選び!おすすめランキング!(3合炊き編)